岩手県紫波町で回収されたオオハクチョウ1羽からA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出ました

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1008745  更新日 平成31年3月8日

岩手県紫波町で回収されたオオハクチョウ1羽からA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が確認されました

平成31年3月8日(金曜)、岩手県紫波郡紫波町において回収されたオオハクチョウ1羽の死亡個体について、A型インフルエンザ簡易検査を実施したところ、陽性反応が確認されました。
県内での陽性反応の確認は今年度初となります。
今後、環境省が高病原性鳥インフルエンザウイルスの確定検査を北海道大学(確定検査機関)において実施しますが、検査結果判明まで1週間程度かかる見込みです。
なお、現時点において病性は未確定、高病原性鳥インフルエンザの発生が確認されたわけではありません。また、確定検査の結果、陰性となることもあります。

1 主な経緯等
(1)死亡野鳥の回収地点

紫波町南日詰 五郎沼

(2)経緯

  • 3月8日(金曜)オオハクチョウの死亡個体1羽を回収。
  • 同日、中央家畜保健衛生所でA型鳥インフルエンザ簡易検査を実施したところ、陽性反応が確認されました。
  • 県では、国の高病原性鳥インフルエンザに係るマニュアルに基づき、環境省に報告。
  • 環境省では回収地点の周辺10Km圏内を野鳥監視重点区域に指定。

2 今後の対応

  • 本日(8日)検体を確定検査機関である北海道大学に送付し、確定検査を実施予定。また、検査結果の判明まで1週間程度かかる予定。
  • 環境省が指定した野鳥監視重点区域において、県では野鳥の主要飛来地について1日1回巡回するなど、監視を強化し、死亡個体や衰弱個体の早期発見、回収に努めます。

3 その他
現時点では、簡易検査により陽性が確認されたものであり、病性は未確定、高病原性鳥インフルエンザの発生が確認されたわけではありませんのでご注意ください。
また、確定検査の結果、陰性となることもあります。

家きんに異常が見られた場合の連絡先

家きんに異常が見られた場合は、早急に以下の通報先に通報してください。

  1. 岩手県県南家畜保健衛生所(電話:0197-23-3531)
  2. 岩手県県南広域振興局花巻保健福祉環境センター(電話:0198-22-4921)
  3. 花巻市農林部農政課畜産振興係(電話:0198-23-1400)

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

農政課
〒025-0052 岩手県花巻市野田335番地2(花巻農協総合営農指導拠点センター内)
電話:0198-23-1400(課直通) ファクス:0198-23-1403
農政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。