中国から持ち込まれた豚肉製品からアフリカ豚コレラが検出されました

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1009069  更新日 平成31年4月9日

中国から持ち込まれた豚肉製品からアフリカ豚コレラが検出されました

農林水産省は、今年1月25日に中国から持ち込まれた豚肉製品から、アフリカ豚コレラのウィルスを検出したことを、4月2日(火曜)に発表しました。
アフリカ豚コレラウィルスは、いのしし・豚に感染するウィルスで、非常に強い感染力を示し畜産経営に大きな影響を及ぼすことから、家畜伝染病に指定されています。

同省は、国内での本伝染病発生予防のため、以下のことを徹底するよう、呼びかけています。

  1. 豚コレラ及びアフリカ豚コレラの発生地域を訪問した際は、むやみに畜産農場に近づかないこと
  2. 畜産農場に立ち入る際は、各農場で実施している車両及び靴底消毒に協力すること
  3. 海外に渡航した場合、帰国の際には、各空港で実施している靴底消毒に協力すること

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

農政課
〒025-0052 岩手県花巻市野田335番地2(花巻農協総合営農指導拠点センター内)
電話:0198-23-1400(課直通) ファクス:0198-23-1403
農政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。