種子・種苗の適正な利用について

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1002358  更新日 平成31年1月18日

品種登録されている種子や種苗は適正に利用しましょうのチラシ


種苗法(平成10年5月29日法律第83号)に基づく登録品種の育成者の権利を保護するため、育成者権者の許諾を受けずに登録品種を利用(収穫物や種苗の生産、譲渡、保管等)することは、同法により制限されています。
育成者権の侵害に対しては、悪質な場合、罰則が科せられる場合があるほか、損害賠償を請求される場合がありますので、品種登録されている種子や種苗は適正に利用しましょう。

注意事項

  1. 登録品種を利用する場合は、育成者権者の許諾をうけること(正規のルートで種苗を購入すること)。
  2. 登録品種の種子や穂木を他者に譲渡しないこと。

詳細については、添付ファイルのチラシをご覧ください。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

農政課
〒025-0052 岩手県花巻市野田335番地2(花巻農協総合営農指導拠点センター内)
電話:0198-23-1400(課直通) ファクス:0198-23-1403
農政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。