病害虫発生予報・速報

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1009121  更新日 令和1年9月2日

2019年 病害虫発生予報・速報

新着情報

いわてアグリベンチャーネット掲載の病害虫防除予報・速報についてお知らせします。詳細は、添付ファイルをご確認ください。

水稲

  • イヌホタルが残草している圃場では斑点米カメムシが多くすくい取られています。多発が予想される圃場では、穂揃期1週間後の基本防除に加え、穂揃期2週間後に追加防除を行いましょう。(防除速報10)

大豆

  • New!吸実性カメムシ類がやや多の予報です。発生の見られる圃場では有機リン剤によりマメシンクイガとの同時防除を実施しましょう。(予察情報6)

野菜

きゅうり

  • New!炭疽病が並の予報ですが、発病を確認した場合は、発病葉を摘み取り処分するとともに、効果がある薬剤による防除を実施しましょう。(予察情報6)

キャベツ

  • コナガの発生が並の予報ですが、圃場をよく観察し、発生状況に応じて防除を実施しましょう。(予察情報5)

ねぎ

  • New!べと病がやや多の予報です。予防散布に努め、発生がみられた場合には効果の高い薬剤を散布しましょう(注意報第4号参照)。また、ネギハモグリバエが多、ネギアザミウマはやや多の予報です。両害虫に効果のある薬剤を選択し、7~10 日間隔で防除を行いましょう。(予察情報6)
  • べと病が全県的に多発しています。速やかに有効な薬剤で防除を行いましょう。(注意報4ねぎ)

りんご

  • New!褐斑病が多の予報です。既発生園や前年多発園で、これまでに本病を対象とした特別散布を実施していない園地では、速やかに行いましょう(防除速報第11 号参照)。(予察情報6)
  • New!すす斑病がやや多の予報です。中~晩生種では9月上~中旬の特別散布を確実に行いましょう。(予察情報6)
  • New!ハダニ類がやや多の予報です。園地をよく観察し、発生が多い場合には速やかに防除を行いましょう。(予察情報6)
  • New!褐斑病の多発が予想されます。既発生園や前年多発園では、速やかに特別散布を実施しましょう。(防除速報11)
  • リンゴ褐斑病の早期発生が広くみられています。既発生園や前年多発園では、速やかに特別散布を実施しましょう。(注意報3りんご)

りんどう

  • New!花腐菌核病がやや多の予報です。降雨が続く場合には散布間隔を短くし、予防散布に努めましょう。(予察情報6)

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

農政課
〒025-0052 岩手県花巻市野田335番地2(花巻農協総合営農指導拠点センター内)
電話:0198-23-1400(課直通) ファクス:0198-23-1403
農政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。