一抜け方式(1者1落)

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1002246  更新日 平成31年1月18日

一抜け方式(1者1落)について

一抜け方式とは

同日に開札する競争入札において、同一の工種かつ同一の等級の工事が複数あるときに、落札する決定順位(以下「落札決定順位」という。)をあらかじめ定めておき、落札決定順位が上位の工事で落札者又は落札候補者(以下「落札者等」とい う。)となった者の他の工事における入札書を無効とすることにより落札者等を決定する入札方式をいいます。

一抜け方式の対象工事

等級別に格付けされている土木一式工事、建築一式工事、電気設備工事、管設備工事、舗装工事及び水道施設工事とします。

一抜け方式の例外

落札決定順位が下位の工事において、当該複数の工事数及び参加者数の状況から、一抜け方式による入札を行うと参加者が1者となる等、競争性が確保できない恐れのある場合のときなどは、一抜け方式による入札は行いません。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

契約管財課
〒025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号
電話:0198-24-2111(代表) ファクス:0198-24-0259(代表)
契約管財課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。