ナビゲーションをスキップする

花巻市公設地方卸売市場

市場の機能

市場は、私たちが生活していくうえで最も欠くことのできない食材を日々扱っています。市場では毎日、全国各地から新鮮な野菜や魚介類が集荷され、卸売業者から買受人にセリ売りや相対売りなどの方法で卸売されています。

また市場は、新鮮で多彩な生鮮食料品を安定かつ円滑に供給するとともに、公正な取り引きを確保するために設置されています。

産地市場と消費地市場

花巻市公設地方卸売市場は、花巻地方周辺に住む人々の台所として、昭和51年に開場しました。

当市場は、中央市場を除くと、青果と水産両部門が揃う総合市場としては、県内唯一の公設による地方卸売市場です。市場には、近隣市町村だけではなく、県内各地の生産者から直接野菜が入荷される一方、魚介類や多彩な加工品類なども全国各地から入ってきています。このため周辺市町村の多数の買受人が当市場で取り引きしています。

このようなことから花巻市公設地方卸売市場は、生産者にとっての「産地市場」としての性格と、小売業者にとっては「消費地市場」としての性格を併せ持っています。

県央の中核市場

また、花巻市は、地理的に県央の交通の要衝にあり、交通機関も発達していることから、沿岸部や県外にも盛んに卸売されています。

このように花巻市公設地方卸売市場は、市民の身近な台所としての役割を果たすと同時に、県央部における中核市場として大きな役割を担っています。

市場のしくみ

1.開設者

岩手県庁の許可を得て花巻市が開設し、施設の管理及び卸売業務の許認可など、円滑な市場運営と公正な市場取引のために統括的に指導・監督を行います。市場を開設するには、県知事の認可を必要とします。
市長-副市長-農林水産部長-場長-担当 

2.卸売業者

生産者や出荷者から販売委託を受けたり、あるいは直接、業者等より買付けた生鮮食料品を市場内の卸売場で、セリ売りや相対売りなどの方法で買受人に販売します。市場の卸売業者になるには、開設者を経由して知事の認可を必要とします。

3.買受人

市場で卸売業者が行うセリや相対売りなどの方法で、品物を買い受けて消費者に販売するスーパーや小売店の業者です。買受人になるには、開設者の承認を必要とします。市場内には、買受人の人たちにより構成されている組合があります。

4.付属営業人

市場利用者の便利を図るため、開設者の許可を得て市場内で関連商品等の販売を行います。 

農政課トップページへ

この記事についてのお問い合わせ

商工労政課

電話
0198-24-2111(代表)
FAX
0198-24-0259(代表)

025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る