ナビゲーションをスキップする

畜産関係者の皆様へ

年末・年始、春節、オリンピック・パラリンピック冬季競技大会の時期を迎えるにあたり、諸外国との人や物の動きが多くなります。
中国や韓国では今年に入ってからも口蹄疫の発生が確認されており、海外への旅行者や訪日外国人旅行者による家畜伝染性疾病の持ち込みが懸念されています。
畜産関係者は、口蹄疫等の発生地域への渡航を可能な限り自粛するとともに、仮に渡航する場合には、以下の点に留意するようにしましょう。

渡航の際の留意事項

  • 家畜市場、農場、と畜場等の畜産関連施設に立ち入らない。
  • 動物との不用意な接触を避ける。
  • 肉製品等を日本に持ち帰らない。
  • 帰国の際には、到着した空海港の動物検疫所カウンターに立ち寄り、家畜防疫官の指導を受ける。

帰国後の留意事項

  • 飼養衛生管理基準に基づき、帰国後1週間、必要がある場合を除き、衛生管理区域に立ち入らない。
  • 海外で使用した衣服及び靴を衛生管理区域に持ち込まないようにし、やむを得ず持ち込む場合には、事前に洗浄、消毒その他必要な措置を講ずる。

家畜飼養者の皆様へ

上記のほか、常日頃より飼養衛生管理基準の遵守を徹底して下さい。
特定症状が確認された場合は早急に下記へ通報して下さい。

通報先

岩手県県南家畜保健衛生所
電話番号:0197-23-3531
携帯電話:080-1842-6276

この記事についてのお問い合わせ

農政課

電話
0198-23-1400(課直通)
FAX
0198-23-1403

花巻市野田335番地2(花巻農協総合営農指導拠点センター内)

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る