ナビゲーションをスキップする

葛丸川渓流

葛丸川渓流の紅葉

奥羽山脈を源とする渓流です。バードウォッチングや森林浴、渓流釣りにハイキング、そして紅葉狩りなど、自然に親しむのに絶好なところ。
宮沢賢治の童話『楢の木大学士の野宿』などの舞台となりました。
滝、奇岩などが多くあり、四季を通じて美しい景観をみることができます。
冬には「たろし滝」といわれる氷柱がみられ、毎年2月11日には、氷柱の太さを測り、その年の米の作柄を占う伝統行事「たろし滝測定会」が行われます。
名勝「一の滝」の風景宮沢賢治の「葛丸」歌碑

たろし滝

たろし滝は、石鳥谷地域の中心部から西に10キロメートルほど入ったところにあります。
とげし森から葛丸川に注ぐ沢水が凍りついてできる大氷柱で、昔から大瀬川地区(古くは畑地区)の人たちは、この氷柱の太さでその年の作柄を占ってきたといわれています。
「たろし」とはつららを意味し、古語の垂氷(たるひ)がなまったもので、できる氷柱の形が滝に似ていることから「たろし滝」の呼び名がついたといわれています。
氷柱の高さは13メートルあり、太さは、記録として残っているものでは、大豊作となった昭和53年の8メートルが最高です。

たろし滝測定会の様子

記録データ

アクセス

JR石鳥谷駅から西に約10キロメートル(車で約15分)。たろし滝入口から徒歩約5分です。
なお、現地入口手前500メートルのところに、駐車場(ポケットパーク)がありますのでご利用ください。

この記事についてのお問い合わせ

石鳥谷総合支所地域振興課

電話
0198-45-2111
FAX
0198-45-3733

028-3163 岩手県花巻市石鳥谷町八幡第4地割161番地(石鳥谷総合支所庁舎1階)

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

観光スポット

観光スポット・施設

このページの先頭部へ戻る