「新しい生活様式」における熱中症予防について

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1014520  更新日 令和3年6月30日

「新しい生活様式」における熱中症予防について

新型コロナウイルスの出現に伴い、感染防止の3つの基本である 1.身体的距離の確保、2.マスクの着用、3.手洗いや、「3密(密集・密接・密閉)」を避ける等の「新しい生活様式」が求められています。

このような、「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントは次の通りです。

熱中症予防のためのポイント

  • 屋外で人と十分な距離(少なくとも2メートル以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクを外しましょう
  • マスクを着用しての強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくても、こまめに水分補給を心がけるようにしましょう。
    また、周りの人との距離を十分に取れる場所では、適宜マスクを外して休憩することも必要です。
  • 日頃の体温測定、健康チェックは新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症を予防する上でも有効です。
    体調が悪いと感じたときは、無理せず自宅で静養しましょう。
  • 3密(密集・密接・密閉)を避けつつも、熱中症になりやすい高齢者、子ども、障がい者への目配り、声掛けをしましょう。

(令和2年5月4日の新型コロナウイルス感染症対策専門会議より)

熱中症に関する情報(外部リンク)

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康づくり課
〒025-0055 岩手県花巻市南万丁目970番地5
電話:0198-23-3121 ファクス:0198-23-3122
健康づくり課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。