厚生労働省主催のひきこもり支援イベント「ひきこもりVOICE STATION(全国フェス及び相談会)」の開催に関して

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1015739  更新日 令和5年1月6日

現在、ひきこもり当事者は約100万人と言われています。一方で、ひきこもりは単なる「甘え」や「怠け」だというような誤解や偏見によって、ひきこもり状態にある方やその家族が孤立してしまうことが課題となっています。

厚生労働省では、地域社会に対してひきこもり状態にある方やその家族などの声を伝えることで、地域社会におけるひきこもりに関する理解を深めることを目的として、地域社会に向けた広報事業を実施しており、令和5年2月5日(日曜)に「ひきこもりVOICE STATIONフェス及び相談会」を開催します。

下記ポータルサイトでは、ひきこもり経験者や家族とタレントの高橋みなみさんの対談、映像作家ユージン制作のひきこもりへの理解をすすめるアニメーション、相談窓口等を公開しています。

イベント(1)「ひきこもりVOICE STATION フェス」(オンライン同時配信)

日時

令和5年2月5日(日曜) 午後1時から4時5分まで

場所

Tokyo FMホール(東京都千代田区麹町1-7 エフエムセンター2階)
半蔵門線「半蔵門駅」1・2・6出口より徒歩約3分
有楽町線「麹町駅」1・2番出口より徒歩約6分

内容

司会進行に高橋みなみさんやジャーナリストの堀潤さんをお招きし、ひきこもり当事者・家族・支援者の声を、社会に向けて発信するイベントを開催します。 

イベント(2)「ひきこもり相談会」

日時

令和5年2月5日(日曜)午後4時15分から7時35分まで (1組30分又は60分程度)

内容

ひきこもりについて悩みや不安を抱える方(当事者ご本人・ご家族)を対象に、ひきこもり経験者・支援者がオンライン(Zoom)又は電話によりお話をお伺いする相談会を、フェスの同日に開催します。

イベント(3)「ひきこもり全国キャラバン」

内容

令和4年10月29日(土曜)から12月4日(日曜)まで、6都市(札幌、東京、松阪、神戸、高松、那覇)において、各地で活動するひきこもり経験者や家族、支援者にアンバサダーになっていただき、パネルディスカッションを行いました。それぞれの模様は、ポータルサイトにおいてアーカイブ動画を順次公開しています。

厚生労働省公式Twitter及びFacebookの投稿(令和4年12月16日)について

厚生労働省公式Twitter及びFacebookにおいて、「ひきこもりVOICE STATIONフェス及び相談会」の開催について投稿しております。

当該事業に関するお問い合わせ

【ひきこもりに関する広報事業事務局】
電話:03-6441-6574 (平日|午前9時30分から午後5時30分まで)    

<委託元>
厚生労働省社会・援護局地域福祉課地域福祉・ボランティア係
電話:03-5253-1111(内線2218)
メール:chiikifukusi@mhlw.go.jp

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

障がい福祉課
〒025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号
自立支援係 電話:0198-41-3580 ファクス:0198-24-7729
地域生活係 電話:0198-41-3581 ファクス:0198-24-7729
花巻市基幹相談支援センター 電話:0198-41-3582 ファクス:0198-24-7729
障がい福祉課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。