ロタウイルスワクチンの定期接種化について

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1008816  更新日 令和2年8月5日

ロタウイルスワクチンの定期接種が始まります

花巻市では、令和元年度から任意接種(法に基づかない予防接種)であるロタウイルス予防接種費用の一部を助成しておりましたが、 令和2年10月1日からロタワクチン予防接種が定期接種(法に基づく予防接種)となります。

下記に定期接種および任意接種におけるロタウイルスワクチンの対象者等についてご説明します。

ロタウイルスとロタウイルス胃腸炎

ロタウイルスは乳幼児の急性重症胃腸炎の主なウイルスとして知られています。5歳までの乳幼児がほぼ全員かかる感染力の強い胃腸炎です。
主な症状は白っぽい水のような下痢、吐き気、吐く、発熱、腹痛です。
脱水症状がひどくなると点滴や入院が必要となることがあります。

ワクチンについて

現在、国内ではロタリックス(1価)とロタテック(5価)の2種類あります。どちらもウイルスの毒性を弱めた経口(口から飲む)生ワクチンです。

接種の際は花巻市から配布されるお知らせをご覧いただき、医師の説明をよく聞き、理解したうえで接種をするようにしてください。
どちらのワクチンを選択するかは直接医療機関にご相談ください。

また、同じワクチンで必要回数を接種してください。

接種回数などについて

ロタリックス(1価)

  • 接種回数(助成回数) 2回
  • 接種期間 生後6週から24週まで

ロタテック(5価)

  • 接種回数(助成回数) 3回
  • 接種期間 生後6週から32週まで

共通事項

  • 1回目の接種は出生14週6日までに行うことが推奨されています。
  • 標準的な接種間隔は初回接種を生後2月に至った日から出生14週6日後までに行い、2回目・3回目はそれぞれ27日以上の間隔を開けて接種。

定期接種における接種について

令和2年10月1日以降の下記対象者の接種は予防接種法に基づく接種となります。

対象者

花巻市内に住所のある令和2年8月1日以降に生まれた者であって、上記ワクチンの接種期間にある者

接種費用

ロタリックス(1価)、ロタテック(5価)ともに無料

注意事項

上記対象者であっても、10月1日より前にロタウイルスワクチンを接種した場合は下記の「任意接種における費用の一部助成について」の接種費用となります

受け方

  1. 生後2か月ごろに行われるこんにちは赤ちゃん訪問にて予診票が配布されます
  2. 下記指定医療機関へ母子健康手帳、予診票を持参し、接種を受けます

指定医療機関

準備が整い次第公表いたします。

(注)入院中や医師の指示により、指定医療機関以外で接種をしなければならない場合は、岩手県広域接種パスポートまたは依頼書が必要です。接種予定日の10日前までに母子健康手帳をお持ちになり健康づくり課または各総合支所健康づくり窓口で申請手続きをしてください。

任意接種における費用の一部助成について

令和2年9月30日以前の接種は予防接種法に基づかない、保護者の希望により行う任意のものです。

対象者

次のどちらかすべての条件を満たす乳児の保護者が助成の対象となります。

市内に住所のある令和2年7月31日以前に生まれた乳児であって

  • ロタリックス(1価)は生後6週から24週まで、ロタテック(5価)は生後6週から生後32週までに接種した乳児(各ワクチンの用法に合致した期間)。
  • どちらのワクチンを接種した場合でも、1回目の接種は、生後15週未満までの乳児(ワクチンの用法として推奨されている期間)。

市内に住所のある令和2年8月1日以降に生まれた乳児であって

  • 令和2年9月30日以前にロタウイルスワクチンを接種した乳児

 

助成金額

ロタリックス(1価)

  • 助成の金額
    • 生活保護世帯以外 1回当たり6,000円
    • 生活保護世帯 1回当たり12,000円

ロタテック(5価)

  • 助成の金額
    • 生活保護世帯以外 1回当たり4,000円
    • 生活保護世帯 1回当たり8,000円

注意事項

  • 1回目の接種は生後15週未満に行わなかった場合、1回目接種分については助成の対象となりません。
    2回目以降の接種は接種期間内であれば助成の対象となります。
  • 市内指定医療機関の接種費用から助成金額を差し引いた額は自己負担になります。
  • 生活保護世帯の方は生活保護受給証明書を医療機関にご持参ください。(生活保護受給者証の交付は、事前に市役所地域福祉課、または各総合支所市民サービス課健康福祉係窓口にて手続きをしてください)

助成の受け方

  1. 「花巻市ロタウイルス予防接種費用助成金交付申請書兼代理受領委任状(以下、申請書兼委任状)」に必要事項を記載のうえ、指定医療機関の窓口に提出します。
    申請書兼委任状はこんにちは赤ちゃん訪問時に配布されます。指定医療機関にもご用意しますが、なるべく配布されたものをお持ちください
  2. 指定医療機関の接種料金から上記の助成金額を引いた額を医療機関に支払います。

持ち物

  1. 母子健康手帳
  2. 花巻市ロタウイルス予防接種予診票および申請書兼委任状
  3. 接種料金
  4. 生活保護受給証明書(生活保護世帯の方)

指定医療機関

予防接種の費用助成を受けられる医療機関は下記の指定医療機関一覧に記載された医療機関です。
やむをえない事情により、指定医療機関以外での接種を希望される場合は下記のお手続きをお願いいたします。

指定医療機関以外での接種を希望される方へ

指定医療機関以外での接種を希望される方は下記の手順で予防接種を行い、接種後に上記の助成金額を上限として市に請求することができます(償還払い注1)。下記をよくご覧になり、市外接種の申請をしていただきますようお願いいたします。
注1:償還払いとは…あらかじめ全額自己負担で接種し、その後に市に請求し、助成額を指定の口座へ振り込みます。

  1. 下記問い合わせ先までご連絡のうえ、接種希望の旨をお伝えください。
  2. 母子健康手帳、接種費用等をお持ちになり病院で予防接種を受けます。
    予診票は病院のものを使用します。
    医療機関での料金の支払いは全額自己負担となります。領収書を保管しておいてください。
  3. 接種終了後、下記のものをお持ちになり、速やかに1でご連絡いただいた問い合わせ先までお越しください。
  • 花巻市ロタウイルス予防接種費用助成金申請書(窓口でも配布しております)
  • 接種の年月日及び接種ワクチンの種類が確認できるもの(母子健康手帳等)の写し
  • ロタウイルス予防接種に関する医療機関が発行した領収書の写し
  • 生活保護世帯の場合は生活保護受給証明書
  • 通帳等、振込先が分かるもの
  • 印鑑

健康被害が発生したら

ロタウイルスワクチンは予防接種法に基づかない予防接種です。健康被害が生じた場合には独立行政法人医薬品機器総合機構(PMDA)による「医薬品副作用被害救済制度」に基づく救済の対象となります。薬事・食品衛生審議会での審議によって、予防接種によるものと認定された場合、補償を受けることができます。

詳しくは独立行政法人医薬品機器総合機構(PMDA)ホームページをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康づくり課
〒025-0055 岩手県花巻市南万丁目970番地5
電話:0198-23-3121 ファクス:0198-23-3122
健康づくり課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。