第3子以降保育料負担軽減事業のご案内(平成30年5月改正)

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1001442  更新日 平成31年1月18日

第3子以降保育料等負担軽減事業

花巻市では、安心して子どもを生み育てることができる環境づくりを推進するため、第3子以降のお子さんが保育所や幼稚園などに入所した場合の保育料等の一部または全部を助成します。また、平成30年度から第1子の要件を「小学生以下」から「18歳以下」へ拡充しました。

対象児童(第3子以降)

市内にお住まいで、18歳以下の最年長者から数えて3番目以降の児童

補助金の額

当該年度分として納付した対象児童分の保育料等について、市民課税額の所得割の合計額(以下「課税額」)が97,000円未満の世帯については全額を、それ以外の世帯については2分の1の額を助成します。ただし、私立保育園就園奨励費補助金を受給している場合は、その補助金を控除した後の額が対象となります。

(例1:世帯の課税額が97,000円未満の場合)

保育料:10,000円(月額)×12か月=120,000円(年額)
補助額は120,000円の全額=120,000円(自己負担0円)

(例2:世帯の課税額が97,000円以上の場合)

保育料:14,000円(月額)×12か月=168,000円(年額)
補助額は168,000円の2分の1=84,000円(自己負担84,000円)

(例3:世帯の課税額が97,000円以上で就園奨励費補助金を受給している場合)

保育料:20,000円(月額)×12か月=240,000円(年額)
保育料240,000円(年額)-185,000円(就園奨励補助)=55,000円
補助額は55,000円の2分の1=27,500円(自己負担27,500円)

対象施設

子ども・子育て支援法の対象施設(認可保育園、認定こども園、小規模保育施設、市立幼稚園)のほか、私学助成の幼稚園、認可外・事業所内保育施設。市外の施設を利用している場合でも市内にお住まいであれば対象となります。
注)市内の施設を利用していても、市内にお住まいでない場合には補助の対象となりません

手続き等

補助の要件を満たしている方は、入所施設を通じて必要書類を受け取り、施設経由で市に申請してください。
ただし、市外の保育施設を利用している場合や、年度途中に退所し現在保育施設を利用していない場合は、教育委員会こども課へご連絡ください。
注)対象児童が複数いる場合や転園等により施設が変わった場合には、児童毎、施設毎に書類の作成をお願いします。

申請書等の様式

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

こども課
〒028-3163 岩手県花巻市石鳥谷町八幡第4地割161番地
電話:0198-45-1311(代表) ファクス:0198-45-1321(代表)
こども課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。