活動の様子(令和元年9月)

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1010219  更新日 令和1年10月9日

令和元年度、東和小学校の9月の活動の様子をお知らせします。

8月~9月 教育実習生来校

教育実習生の写真

8月26日(月曜)から4週間の日程で2名の教育実習生が来校し、教育実習の取り組んでいます。また、2日からは教育実践活動のために1名、合計3名の実習生を迎えました。3名とも、東和出身の学生さんです。

学年に所属し、主に担当学級で授業を参観したり、授業実践を行ったりして、教員の仕事の実際について学んでいます。授業時間だけでなく、休み時間に子どもたちと遊ぶ姿、放課後の陸上練習に参加する姿もあり、その積極的な姿勢に感心しているところです。子どもたちとたくさん関わって、子どもを見る目、子どもを感じる心を身につけてほしいと思います。

実習の後半は、授業実践がメインとなります。担当の先生とわかりやすい授業ができるように頑張ってほしいものです。そして、いつの日か東和小学校で教鞭を執る日が来るのを楽しみにしています。

9月6日(金曜) 着衣泳

1年生の着衣泳の写真

9月6日(金曜)に、1年生でも着衣泳を体験してみました。この日は、プール使用最終日。水もだんだん冷たくなってきていましたが、天候に恵まれ子どもたちは喜んでプールに向かいました。

1年生では、着衣で泳ぐこと、水中で体を動かすことの難しさを体験しました。一度でも体験していることで、突然の事態にも慌てることが少なくなります。また、着衣のまま浮く体験もしてみました。そして、運動着を脱いで泳ぐことで、さらに着衣との違いも理解することができたようです。

このほか、8月30日には、水難学会の方を招いて2年生と6年生で着衣泳を行いました。そのときは、身近なものをもって浮くこと、背浮きの体験を行っています。いざというときに、この学習を生かしてい自分の命を守れるようであってほしいものです。

9月12日(木曜) スマホケータイ安全教室

スマホケイータイ安全教室の様子

9月12日、NTTドコモのスマホケータイ安全教室インストラクターの先生をお招きし、5年生と6年生でスマートフォン等の通信機器使用上で気をつけなければならないことを学びました。スマートフォンや携帯電話を小学生も所持する社会となってきています。小学生は基本的に所持する必要はないと考えていますが、現状を考えたとき「持つ前に、危険性と対処の仕方を学んでおく」必要があります。そこで、今回の「スマホケータイ安全教室」となりました。

講師からは、大きく4つのことについてお話がありました。1つめは、「情報を公開するときに気をつけること」です。名前、住所、電話番号、性別、・・・・・といった個人情報は、自分だけでなく友達のものも同意なく掲載しないことが大事です。顔写真も個人情報のひとつです。気をつけましょう。

2つめは、「文字だけのやりとりで気をつけること」です。ビデオでは「ありえない」という言葉から誤解が生じて、友達とトラブルになっていました。メッセージを送るときには、よく見直すことが大事です。

3つめは、「使いすぎに気をつけよう」です。視力への影響、夜更かしなど健康への影響、通信料、課金の問題があります。所持する年齢になりましたら、必ず家庭でルールを決めましょう。

4つめは、「ネット上の様々な危険から身を守ること」です。子どもが所持するものは、フィルタリングの設定が法律で義務づけられています。所持しなければならないときには、フィルタリングをつけてあげてください。これも、親の愛です。

今後、子どもたちが成長したとき、手にする通信機器を安全、便利に使用してほしいものだと思いました。

9月12日(木曜) 授業参観日

1年生の授業の様子

4年生の授業の様子

2学期が始まり、3週間が過ぎました。学校生活のリズムも整ってきたところではないでしょうか。

さて、この日は全学級で授業参観が行われました。写真左は、1年生の国語の授業の様子です。先生のお話を聞いて、教科書から読み取ったことを発表することができました。

写真右は、4年生の算数です。予想したときの商が合わなくなってしまったときの計算の仕方を、黒板の前で説明していました。聞くだけより、伝えることでさらに理解が深まっていきます。お家の人の前で話すのも緊張したと思いますが、よく頑張りました。

子どもたちの様子はいかがでしたか。参観後、お家の方が気づいた子どもさんの良さなど、担任に教えていただければ幸いです。これからの学級経営、子ども理解につとめていきたいと考えています。

9月12日(木曜) 家庭教育学級

家庭教育学級講師の写真

この日の最後は、PTA研修部による家庭教育学級でした。会場は2階まほろばホールで、40名ほどの保護者の方が講演を聴きに集まってくださいました。

講師は、花巻市教育委員会学校教育課の伊藤先生です。「子どもの我慢・頑張り応援」という演題のもと、子どもたちの学ぶ力、学力を伸ばして行くにはどうしたらよいか話していただきました。

花巻市の課題としては、全国と比較しても高い小学生の学力をもっと高め、中学校・高等学校でも学ぶ意欲を持たせ続けることだと話されました。家庭学習時間を確保して、算数・数学、英語に力を入れていくこと。非認知能力(忍耐力、自己制御、自尊心など数値で表れない力)を家庭で意識して育てていくこと。そして、頑張る子どもの姿を励ましていくことが大事と話されました。

秋田県では、中学生でも夜7時には帰って学習する習慣がついているそうです。2時間以上の家庭学習が当たり前で、その当たり前がよい成績につながっているようです。1日に自由に使える時間は、意外と少ないものです。小学生のうちから、自分の目指すことに向けて時間を使っていけるといいですね。

保護者の方々は、伊藤先生のお話をうなずきながら聞いていました。子どもたちの学ぶきっかけ、東和の当たり前が変わるきっかけになればいいですね。

9月26日(木曜)市内陸上記録会

5年リレーアンカーの走りの写真

応援の様子の写真

9月26日、花巻市内陸上記録会が日居城野陸上運動公園で開催されました。

本校の選手たちも、今までの練習の成果を発揮し、自己ベストをめざし、真剣に走り、思い切り跳び、力の限り投げました。その結果、多くの自己ベストと入賞の記録を残すことができました。特に、リレーでは練習以上の力を発揮することができたと考えています。

リレー種目では、2つの優勝と1つの準優勝、1つの入賞となりました。個人種目で入賞しなかった児童も懸命にバトンをつなぎ、アンカーがその思いを受け止めて走り切った成果だと考えています。

また、応援の声も力になりました。選手一人一人にエールを送り続けた応援団が居たから普段以上の力が出せたと思います。選手と応援団がひとつになって競技に参加した東和小学校の皆さん、とてもすてきでした。そして、当日会場で声援を送り励ましていただいた保護者の皆様、ありがとうございました。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

東和小学校
〒028-0115 岩手県花巻市東和町安俵11区12番地1
電話:0198-29-4334 ファクス:0198-42-4788
東和小学校へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。