ボサマカマドのカヤの木

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1008415  更新日 平成31年2月21日

ボサマカマドのカヤの木(下村・柳沢由雄氏より)

亀ヶ森の下村に喜法院という修験者の寺院があった。明治維新の神仏分離の影響により、廃寺となったが、いまでもボサマヵマドという屋号の柳沢家に、その時代の仏像や修験の道具が残されている。
ここに、根回り3メートルほどのカヤの木がある。この木は、弘法大師が番屋清水に寄った後に、ここに来て植えたものといわれており、実にポッポッとつっついたような穴が開いて、数珠のように繋がるので「つがるきカヤ」とも坪ばれている。この木はまた「世中の木」といわれて、実のたくさんたる時は豊作といわれている。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

亀ケ森小学校
〒028-3204 岩手県花巻市大迫町亀ケ森第7地割12番地
電話:0198-48-2229 ファクス:0198-48-2268
亀ケ森小学校へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。