貴金属等の訪問買取

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1000739  更新日 平成31年1月18日

消費者の自宅を訪問し、金やプラチナ等の貴金属を使ったアクセサリーや和服等を買い取るというサービスに関するトラブルが多くあります。

トラブルの事例

  • 「不要なアクセサリーや和服等ありませんか。」と訪問され、不要なアクセサリーを見せたら、「もっと何かないか。」と自宅に入り込み、親の形見の指輪まで見つけ、現金3,000円で強引に買い取って行った。
  • 「医療機器の製造に必要なので、不要な貴金属があれば売ってほしい。」と来訪され、純金の指輪があると伝えたら、「現在の金の相場は1グラム 1,500円だ。」と言い、指輪の重さを量ることなく9,000円で買い取ってもらうことになり、保険証の番号等の個人情報を書かされた。悪用されないか不安だ。

アドバイス

「訪問買取」は消費者が売主で事業者が買主であることから、訪問販売に該当せず、クーリング・オフができませんでした。

しかし、不意打ち性や業者の執拗、強引な勧誘があったことから、平成25年2月21日から「訪問買取」でも、クーリング・オフができるようになりました。

クーリング・オフができる期間中、消費者は物品の引渡しを拒絶し、手元に置いておくことができます。また、事業者はこのことを消費者に告知しなければいけないことになっています。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民生活総合相談センター
〒025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号
電話:0198-24-2111(代表) ファクス:0198-41-1299
市民生活総合相談センターへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。