相続した不動産の登記

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1000755  更新日 平成31年1月18日

相続した不動産の登記に期限はありませんが、遺産分割協議を速やかにして、早めに行いましょう。長期間登記を行わないでいると、さまざまな問題が発生して、いざ登記を行おうとした時に、余分な費用や時間がかかったり、登記が出来なくなる危険もあります。

遺産分割協議や相続した不動産の登記を長期間行わないデメリット

  • 亡くなった方の除籍謄本等、登記に必要な書類が取れなくなる。
  • 相続人が亡くなることにより、権利関係が複雑になる。
  • 相続人が高齢となり、遺産分割協議を行いにくくなる。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民生活総合相談センター
〒025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号
電話:0198-24-2111(代表) ファクス:0198-41-1299
市民生活総合相談センターへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。