冬の省エネ、節電に取り組みましょう!

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1005965  更新日 令和3年12月1日

暖房を使用する機会が増える冬の節電は、温室効果ガスの削減にも効果的です。今年の冬も工夫しながら、無理のない節電に取り組みましょう。また、部屋にひと工夫することで、暖房の過剰な消費を防ぐことができるだけでなく、日々の生活が快適になります。

冬の取り組み例

暖房

  • 暖まった空気を循環させて暖房効果を高める
  • ひざ掛けやネックウォーマー、ルームシューズなども併せて利用する

窓・床

  • 断熱シートを貼ったり、カーテンを厚手のものにする
  • すき間テープなどですき間風を防ぐ
  • ラグや絨毯を敷く、下に断熱シートも敷くとさらに効果的
  • ホットカーペットの下に銀マットを敷くと余熱が保てる

テレビ

  • 視聴しないときはこまめに消す
  • 部屋の明るさに合わせた適切な明るさに設定する

お風呂・トイレなど

  • 入浴時は追い炊きをしなくて済むよう、間隔をあけずに入る
  • 使わないときは保温便座のフタを閉める

[出典:資源エネルギー庁「省エネポータルサイト 無理のない省エネ節約」、環境省「COOL CHOICE みんなでおうち快適化チャレンジ」 ]

「いわてエコアクション2021冬eco編」のお知らせ

私たちの日常生活から排出されているCO2などの「温室効果ガス」。 このまま地球温暖化が進むと、気温上昇や異常気象が起きる可能性が高いと予測されています。
脱炭素社会の実現には、一人ひとりのライフスタイルの転換が重要です。
未来の暮らしと地球のために、身近なエコアクション(省エネ行動)を実践してみませんか?

アンケートに回答いただいた方の中から、抽選で20名様に緑の募金付きクオカード1000円分をプレゼント!
詳しくは、キャンペーン専用ホームページをご覧ください。
応募締切は、令和4年2月15日(火曜)です。

お問い合わせ

岩手県地球温暖化防止活動推進センター
住所:020-0045 盛岡市盛岡駅西通1-7-1
いわて県民情報交流センター アイーナ5階(環境学習交流センター内)
電話:019-606-1752、ファクス:019-606-1753
Eメール:ecochalle@aiina.jp

クールチョイスで健康で快適な暮らしへ

COOL CHOICE

各地で異常気象が発生する中、気候変動という地球規模の課題の解決に向けて、日本は、「2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現」(2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにすること)を目指しています。

この高い目標の達成に向けて、社会の仕組みを大きく変えていくことに加えて、日常生活の中で、一人一人のライフスタイルに合わせて、できることがあります。
暮らしを脱炭素化することで、快適やおトクといったメリットにつながることもあります。

まずは具体的にどんなことをすればいいのか、「ゼロカーボンアクション」の30項目を見てみましょう!

担当

環境計画係

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

生活環境課
〒025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号
環境計画係 電話:0198-41-3543 ファクス:0198-21-1152
資源循環係 電話:0198-41-3544 ファクス:0198-21-1152
環境保全係 電話:0198-41-3545 ファクス:0198-21-1152
生活環境課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。