年金/障害基礎年金

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1001078  更新日 令和1年7月2日

障害基礎年金

国民年金に加入中や20歳前または日本国内に住んでいる60歳以上65歳未満の方で老齢基礎年金を受けていない期間に、障がいの原因となった病気やけがで初めて医師または歯科医師の診療を受けたときに受けられます。

受けられる要件

次の3つの要件をすべて満たす必要があります。

1.障がいの原因となった初診日(注1)がいずれかにあること

  • 国民年金に加入している期間
  • 20歳前
  • 日本国内に住んでいる60歳以上65歳未満の方で老齢基礎年金を受けていない期間

2.障がいの状態

障害認定日(注2)または20歳に達したときに、障害認定基準(注3)の1級または2級に該当していること

3.保険料の納付要件のいずれかを満たしていること

  • 初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までに保険料を納めた期間(保険料免除、納付猶予・学生納付特例期間を含む)が、加入期間の3分の2以上あること
  • 令和8年3月31日以前に初診日がある場合は、初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までの直近1年間に保険料の未納がないこと
  • 20歳前の年金制度に加入していない期間に初診日がある場合は、納付要件は不要です。


(注1)初診日とは、障がいの原因となった病気やけがで、初めて医師または歯科医師の診療を受けた日
(注2)障害認定日とは、初診日から1年6ヶ月を経過した日、または症状が固定した日
(注3)下記ページをご覧ください。

障害認定日に障がいの状態が軽くても、その後に重くなったときは、障害基礎年金を受けられる場合があります。

年金額(平成31年4月分から)【注】4月、5月分の受け取りは6月です

1級障害:年額975,125円(月額81,260円)
2級障害:年額780,100円(月額65,008円)

  • 20歳に達したとき、障がいの状態が該当する方は、20歳から受けられます。
    ただし、本人が保険料を納めていないことから所得制限があります。所得額によっては、全部または半額停止になる場合があります。
  • 生計を維持している子(注)がいるときは、次の金額が加算されます。

加算対象の子が1人目から2人目まで(1人につき)

加算額:年額224,500円

加算対象の子が3人目以降(1人につき)

加算額:年額74,800円

(注)子とは:18歳に達した後の最初の3月31日までの子または1級・2級の障がいの状態にある20歳未満の子

手続き・届出先

  • 初診日が第1号被保険者の方:市区町村
  • 初診日が第3号被保険者の方:年金事務所
  • 20歳前に障害になった場合:市区町村

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

国保医療課
〒025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号
電話:0198-24-2111(代表) ファクス:0198-22-6649
国保医療課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。