新型コロナウイルス感染症の影響等により納税が困難な方に対する市税の納税の猶予制度をお知らせします

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1011723  更新日 令和3年2月15日

市税の納税の猶予制度

新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な納税者等の方に対する「徴収猶予の特例」については、令和3年2月1日までの納期限の市税が対象となっておりましたが、新型コロナウイルス感染症の影響等により、引き続き納税が困難な場合や、あるいは新たに納税が困難になった場合には、実情に応じて「徴収の猶予」や「申請による換価の猶予」という既存の猶予制度を適用することが可能です。市税の納付についてお困りの際は、先ずはお電話で花巻市財務部収納課にご相談ください。

対象となる市税

  • 個人住民税(市・県民税)
  • 法人市民税
  • 固定資産税
  • 軽自動車税
  • 市たばこ税
  • 入湯税
  • 国民健康保険税

納税の猶予制度

徴収の猶予

新型コロナウイルス感染症の影響等により、以下の要件に該当する場合には徴収の猶予制度があります。

(要件)

(1)災害により財産に相当な損失が生じた場合

例:新型コロナウイルス感染症の患者が発生した施設で消毒作業が行われたことにより、備品や棚卸資産を廃棄した場合

(2)ご本人又はご家族が病気にかかった場合

例:納税者ご本人又は生計を同じにするご家族が病気にかかった場合

(3)事業を廃止し、又は休止した場合

例:納税者の方が営む事業について、やむを得ず休廃業をした場合

(4)事業に著しい損失を受けた場合

例:納税者の方が営む事業について、利益の減少等により、著しい損失を受けた場合

上記要件のいずれかに該当し、一時に納付又は納入することが困難であること

申請による換価の猶予

上記のほか、市税を一時に納付又は納入することが困難な場合には、申請による換価の猶予制度があります。

 

猶予が認められた場合

  • 申請に基づき、1年以内の期間に限り納税の猶予を受けることができます(やむを得ない理由があると認められるときは、すでに猶予した期間とあわせて2年以内)。
  • 納税の猶予が認められた期間中の延滞金について、その2分の1に相当する金額又は全額が免除されます。

申請手続等

  • 猶予制度を利用するためには申請が必要です。
  • 申請書のほか、収入や現預金の状況がわかる資料を提出していただきますが、提出が難しい場合は口頭により状況をお伺いします。
  • 郵送による申請も受付いたします。(郵送先:花巻市役所収納課〒025-8601岩手県花巻市花城町9番30号)
  • 新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、eLTAXによる申請ができることとなりました。詳しくは下記外部リンクのeLTAX特設ページをご覧ください。

お願い:制度の詳細等については、先ずはお電話で花巻市財務部収納課にお問い合わせください。

制度案内・申請書様式等

関連情報

担当

収納課収納第1係・第2係

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

収納課
〒025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号
管理係 電話:0198-41-3530 ファクス:0198-24-2142
収納係 電話:0198-41-3531 ファクス:0198-24-2142
債権管理係 電話:0198-41-3531 ファクス:0198-24-2142
徴収嘱託員 電話:0198-41-3532 ファクス:0198-24-2142
収納課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。