ナビゲーションをスキップする

平成29年9月に市内で『名義貸し』を名目に現金200万円をだまし取られる特殊詐欺の被害が発生しております!くれぐれもご注意ください!

名義貸しを名目にした特殊詐欺被害の発生について

花巻警察署より、平成29年9月に、名義貸しを名目にした特殊詐欺の手口により現金200万円をだまし取られる被害が発生したとして情報提供がありました。内容は次のとおりです。

平成29年9月19日に、市内在住80代女性宅へ商事会社の社員を名乗る男性から電話があり、「会社に名義を貸してもらえれば債権を差し上げます」と言われたため、適当な返事をして電話を切った。すると2日後の9月21日に同じ男性から電話があり、「名義貸しが警察にばれてしまった。名義貸しは犯罪なので警察や裁判沙汰になる。債権者にお金を返して示談すれば警察沙汰にならずに済むので200万円用意してもらえないか。お金が後日当社から返金する」などと言われた。
女性は翌日9月22日に現金200万円を箱に入れ、宅配業者に依頼し、電話の男性から指定された住所に現金を発送したが、その後、相手方と電話がつながらなくなったことから、だまされたことに気付いたというもの。

「名義を貸してほしい」などと突然電話が来ても、決して相手にしてはいけません!
「示談金」や「弁済金」などの名目で現金を用立ててほしいと言われたら、まず詐欺を疑ってください

今回のように「○○のために名義を貸してほしい」と突然電話がきた場合、まずは詐欺を疑ってください!多くの場合、その後「名義貸しは犯罪になる」「裁判沙汰になる」などと不安をあおり、問題を回避するための示談金などの名目で現金を要求してきます。また、相手を信用させるため「後日返金する」と話すなど、巧妙な手口が特徴となります。
このような電話があったことを誰にも相談をしないまま一人で対応してしまい、実際の被害に遭ってしまったケースもありますので、ご家族やご友人などすぐに相談をされるとともに、花巻警察署や最寄りの交番駐在所に連絡をお願いします。

不審な内容の電話が急増しています。ご近所にお一人でお住まいの高齢者の方がいましたら、ぜひこの情報を伝えて注意喚起をお願いします。

不審・不安に感じたら?

すぐに、最寄りの警察署(花巻警察署・電話:0198-23-0110)や花巻市役所市民生活総合相談センター(電話:0198-24-2111)などに相談しましょう。

この記事についてのお問い合わせ

市民生活総合相談センター

電話
0198-24-2111(代表)
FAX
0198-41-1299

025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る