はなまき婚シェルジュを紹介します

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1003527  更新日 平成31年3月11日

結婚を希望していても
運命のパートナーを見つけることができずに
悩んでいる若者がたくさんいます
そんな若者たちの
”赤い糸”を手繰るお手伝いをいたします。

イラスト:フラワーロールちゃん


はなまき婚シェルジュとは?

結婚を望む若い世代の希望を叶えるため、研修で習得したスキルを生かし、出会いから結婚までスムーズに進めるよう後押しをする、市の認定を受けたご夫婦です。

はなまき婚シェルジュの活動は?

市内で行われる婚活イベントで参加者にアドバイスしたり、イベントでカップルになった人のその後を応援したりと、婚活支援団体と連携、協力した婚活支援を行います。
また、結婚を希望する人を婚活イベントに誘ったり、お見合いに立ち会うなど出会いの場を提供する活動を行います。

平成28年度に開催した研修を紹介します

「婚活支援とはなんだろう」
講師に、一般社団法人 日本結婚支援協会 代表理事の 田口智之さんをお招きし、少子化、晩婚化の状況から昨今の結婚観、婚活支援には何が必要か、その必要性について”知る”ことから始めました。

「結婚のいま・むかし」
一般社団法人 日本結婚支援協会の田口智之さんから、日本ならではの結婚の歴史を学びました。家柄、経済力重視で親が決めた相手と結婚しなければならなかった時代を知り、現在の「結婚相手を選ぶことができる幸せ」を実感する機会となりました。

「農業のはなし」
講師の一般社団法人 日本結婚支援協会の田口智之さんから、全国の農業が盛んな市町村の行っている婚活支援事業について紹介があり、後半は市内で実際に農業をしている方から現在の農家の実態を伺いました。マイナスイメージがあった農家ですが、農家の方のお話を伺うことで農家ならではのメリットを知ることができました。

「家族円満の秘訣 ワークライフバランス」
講師のNPO法人ファザーリングジャパン東北の後藤大平さんから、夫・父親として家族が円満に暮らすために意識していること、ちょっとしたコツなど経験談を交えたお話を伺いました。受講生には、結婚を望む人が婚活をスムーズに始められるよう”仕事モード”から”婚活モード”へのスイッチを切り替える係になってもらいたいと思います。

「男性と女性の心理の違いを知ろう」
一般社団法人日本結婚支援協会の南舘亜希子さんから、婚活するうえで自分の理想を追い求めてばかりいては相手を見つけることは難しい、いかに”異性を知るか”が大切になってくるとのことです。

「異性とのコミュニケーションの取り方1」
一般社団法人日本結婚支援協会の田口智之さんから、夫婦間、家族間、ビジネスでも役立つコミュニケーションの取り方を学びました。婚活パーティはコミュニケーション能力のトレーニングを行う格好の場です。どんどん参加し、自分を磨き”チャンス”を掴み取りましょう。

「仲人としてのマナー」
結婚について相談を受けるにあたり、しっかりしたデータ(数字)を持つことが重要になります。婚活支援を行うためのデータ収集を行い、結婚を希望する方に寄り添って結婚の希望を叶えるお手伝いをしましょう。

問い合わせ先

定住推進課定住推進係

電話0198-24-2111 内線213

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

定住推進課
〒025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号
定住推進係 電話:0198-41-3516 ファクス:0198-24-0259(代表)
定住推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。