メアリー・ズーニック氏と花巻市がホストタウン表彰を受賞しました

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1015155  更新日 令和3年10月1日

メアリー・ズーニック氏と花巻市がホストタウン表彰を受賞しました

9月28日に、内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局によるホストタウン自治体・関係者への表彰状・感謝状オンライン贈呈式が行われ、花巻市がホストタウン自治体表彰、ホットスプリングス市姉妹都市プログラム事業責任者メアリー・ズーニック氏がホストタウン功労者として発表されました。

ホストタウン自治体表彰は、ホストタウンの交流要件である、(1) 大会等に参加するために来日する選手等との交流、(2)大会参加国・地域の関係者との交流、(3)日本オリンピアン・パラリンピアンとの交流、の3つの要件を満たしたホストタウンが対象で、全国のホストタウン533自治体のうち268自治体、岩手県では9自治体(盛岡市、大船渡市、花巻市、遠野市、八幡平市、紫波町、矢巾町、大槌町、野田村)が受賞しました。

ホストタウン功労者は、ホストタウンの取組に対し、主体的に取り組み、または、自治体が行う取組に積極的な支援を行い、特に顕著な功績のあった、民間の方又は団体等が対象で、全国のホストタウン事業に関わった238の団体又は個人が選ばれ、岩手県では8人の方と6団体、そのうち県内で米国から選ばれたのはズーニック氏のみでした。

ズーニック氏には、2019年9月にロサンゼルスで行われたジャパン・ハウスでの復興ありがとうホストタウンイベントへの参加、当市のホストタウンの取り組みである雨ニモマケズプロジェクトの国際姉妹都市連盟等へのPR、そして花巻市のホストタウン事業へのお礼のメッセージ動画である「世界に一つだけの花」動画制作など、ホストタウン事業に積極的に関わっていただきました。

また、これまでのホストタウン事業では、市内の学校、国際交流関係団体や競技団体等多くの皆様にご協力いただきました。今回の受賞は皆様のおかげです。心より感謝申し上げます。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

国際交流室
〒025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号
電話:0198-41-3589 ファクス:0198-24-0259 (代表)
国際交流室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。