市勢ハイライト2012(平成24年)

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1002464  更新日 平成31年2月8日

2012年のテーマは、「逞しく生きる」。
大きな変革の中、私たちの花巻市は再び躍動に向かって力強く歩みだしました。

花巻の強みで交流を促進

イベントや観光で交流人口増加

本年は「いわてデスティネーションキャンペーン」に関連したイベントや花巻開町420年を記念する花巻まつり、花巻市博物館開館以来最大規模の特別展「吉村作治の古代七つの文明展」、「はなまき産業大博覧会」など、大規模なイベントを開催。特にも、花巻まつりは、屋形山車の移設展示や、ディズニーランドの申し出により実現したパレードが注目を集めました。観光資源を生かした多彩なイベントにより、交流人口の増加が図られました。

ディズニーの震災支援パレードの写真
ディズニーの震災支援パレード(9月9日)

屋形山車が移設展示されたまつり会場の写真
花巻開町を記念した花巻まつりには屋形山車を移設展示(9月7日~9日)

吉村作治の古代七つの文明展の写真
花巻市博物館で開催された「吉村作治の古代 七つの文明展」(9月8日~11月4日)

スポーツの力で交流促進

本市が進める、「スポーツ」と「交流」をキーワードとするまちづくり。4月には日居城野陸上競技場がリニューアルオープンするなど、スポーツ施設の整備が進みました。また、「夏巡業大相撲花巻場所」や「プロ野球イースタン・リーグ公式戦in花巻」、「ドリーム・ベースボール」など、一年を通してたくさんのスポーツイベントが開催されました。
スポーツ施設の充実がスポーツイベントの開催を活発にし、本市を訪れる人の増加につながりました。

日居城野陸上競技場リニューアルオープンセレモニーの写真
日居城野陸上競技場がリニューアルオープン(4月22日)

夏巡業大相撲花巻場所の写真
本市での開催が4年ぶりとなった巡業「夏巡業大相撲花巻場所」(8月11日)

プロ野球イースタン・リーグ公式戦in花巻の写真
楽天と日本ハムが対戦した「プロ野球イースタン・リーグ公式戦in花巻」(8月18日)

賢治のまちづくり始まる

賢治の魅力を生かした地域づくり

本市は、「宮沢賢治」のふるさととして、「賢治さんの香りあふれるまち」の実現を目指しています。4月には市役所に、賢治に関する総合窓口として「賢治まちづくり課」を設置したほか、賢治をテーマに活動する方々で組織する「賢治のまちづくり委員会」から提言を受けるなど市民の皆さんと協働でまちづくりに取り組んでいます。
また、賢治を学ぶ場として、市民講座「はなまき賢治セミナー」や「賢治の世界セミナー」、「賢治の世界ワークショップ」などを開催。市民の皆さんが賢治の魅力に触れる機会が増えました。

はなまき賢治セミナーの写真
賢治を学ぶ入門編として本年度8回シリーズで 開催している市民講座「はなまき賢治セミナー」

賢治の世界セミナーの写真
小中学生にも賢治を分かりやすく紹介する「賢治の世界セミナー」

賢治のまちづくり委員会の写真
本年度は4つの部会の代表者からなる企画委員会による協議も行われている「賢治のまちづくり委員会」

賢治関連のイベントを開催

6月には、宮沢賢治原作のアニメ映画「グスコーブドリの伝記」の全国公開を記念し、全国に先駆けてジャパンプレミア(公開記念試写会)が行われ、大きな話題となりました。
このほかにも、賢治関連団体の発表の場として初めて開催した「賢治 風のステージ」、宮沢賢治記念館開館30周年を記念した「賢治の音楽祭」など、賢治に関連したイベントが目白押しとなったこの一年。たくさんの人が本市を訪れ、本市の魅力が発信されました。

グスコーブドリの伝記」ジャパンプレミアの写真
花巻農業高校で行われた「グスコーブドリの伝記」ジャパンプレミア(6月12日)
「賢治 風のステージ」の写真
初めて開催された「賢治 風のステージ」(8月26日)
「賢治の音楽祭」の写真
賢治愛用のチェロが演奏された「賢治の音楽祭」(10月19日)

新しいまちづくり計画 進む市民会議の議論

平成26年度から新たに始まる「花巻市まちづくり総合計画」を策定しています。この計画は、本市の10年後の都市像や、その実現に向けたまちづくりの方向性を示す市政運営の基本となるものです。その策定にあたり、市民と行政の協働のまちづくりを推進するために設置された「花巻市総合計画市民会議」では、4月から月1回ペースで会議を開催。市の現状や課題、将来都市像などについて、市民の視点で議論を進めています。来年2月をめどに、市民会議で議論した内容を提言書にまとめます。

花巻市総合計画市民会議の写真
「花巻市総合計画市民会議」では、新たな総合計画の策定に向けて、議論を深めています

地域主権のまちづくり コミュニティ会議を中心に

市内27のコミュニティ会議は、自立した輝く地域を実現するために、参画と協働によるまちづくりを推進しています。9月には、コミュニティ会議相互の交流の促進や地域の絆の再認識のため、「地域元気フェスティバル2012スポーツ交流大会」を初めて実施。また、6月と10月には、コミュニティ会議と市が共通理解を深めながら協働のまちづくりを推進することを目指して「コミュニティ会議と市との協議の場」を開催しました。コミュニティ会議を中心に、まちづくりが進んでいます。

地域元気フェスティバル2012スポーツ交流大会の写真
27コミュニティ地区対抗で行われた「地域元気フェスティバル2012スポーツ交流大会」(9月2日)

震災復興を支援

昨年3月11日に発生した「東日本大震災」。市は3月から、被災した釜石市の災害廃棄物(可燃ごみ)の受け入れを開始。昨年5月から沿岸被災地への市職員の派遣を開始し、本年度は大槌町に6人を派遣。沿岸被災地の支援に取り組んでいます。
また、11月には復興支援道路として初めて、東北横断自動車道釜石秋田線の東和ー宮守間が開通しました。これにより、内陸から沿岸地域への所要時間が短縮され、物流の効率化が図られるなど、震災からの早期復興が期待されます。

釜石市の災害廃棄物受け入れの写真
釜石市の災害廃棄物(可燃ごみ)の受け入れを開始(3月17日)
東北横断自動車道釜石秋田線の写真
東和-宮守間が開通した東北横断自動車道釜石秋田線(11月25日開通)

しごと

企業誘致の促進
住宅建築用資材の卸売りなどを全国展開するナイス株式会社との企業立地協定を締結。来年3月、花巻流通業務団地に物流センターの開設を予定しています。

雑穀の普及活動
本市での栽培が盛んな雑穀。「いわて花巻雑穀キャンペーン2012」や「イーハトーブのヒエひっつみレシピコンテスト」などを行いました。

雇用対策の実施
東日本大震災などの影響による失業者に対し雇用機会を創出する「震災等緊急雇用対応事業」を行いました。

企業立地協定書調印式の写真
本市とナイス株式会社との企業立地協定書調印式(10月31日)
「イーハトーブのヒエひっつみレシピコンテスト」最優秀賞作品の写真
「イーハトーブのヒエひっつみレシピコンテスト」で最優秀賞に選ばれた「ヒエそばひっつみの野菜たっぷり鍋」

暮らし

消防施設の充実
大迫地域の安全拠点となる花巻北消防署大迫分署が新築移転しました。

道路の整備
都市計画道路山の神藤沢町線が開通。国道4号線石鳥谷バイパスの4車線化が完了しました。

住み慣れた地域で安心して暮らす
保健福祉の総合的な計画書として「花巻市保健福祉総合計画」を策定しました。

森林保全に取り組む
市と県、東北日東工業株式会社は「企業の森づくり活動協定」を締結。本市では初の締結となりました。

写真1
新築移転した花巻北消防署大迫分署で行われた落成式(3月25日)
写真2
全線開通した「都市計画道路山の神藤沢町線」の開通式(10月30日)

人づくり

国際交流の充実
本市とベルンドルフ市との交流の象徴となる「ベルンドルフの丘」を整備したほか、世界に向けた市の情報発信のため国際都市推進員を採用しました。

伝統芸能伝承の拠点を整備
大迫郷土文化保存伝習館(愛称・早池峯岳神楽伝承館)が新装開館しました。

学校の再編
前田小学校を閉校し、湯口小学校へ統合。また、北上市立成田小学校の閉校に伴い、同校の本市分の学区を南城小学校へ統合しました。

新装開館した「大迫郷土文化保存伝習館」の写真
新装開館した「大迫郷土文化保存伝習館」(4月29日開館)
前田小学校の閉校式の写真
135年の歴史に幕を下ろした前田小学校の閉校式(3月18日)

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

秘書政策課
〒025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号
電話:0198-24-2111(代表) ファクス:0198-24-0259(代表)
秘書政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。