市勢ハイライト2013(平成25年)

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1002465  更新日 平成31年1月18日

2013年テーマ 「更に熱く強く賑わいと活気ある花巻へ」

進む「賢治のまちづくり」

本市は宮沢賢治のふるさととして、「賢治さんの香りあふれるまち」を目指しています。
たくさんの人に賢治を知ってもらおうと、市民講座「はなまき賢治セミナー」や「賢治の世界セミナー」、「賢治の世界ワークショップ」を開催。賢治を身近に感じる催しも数多く開かれました。
賢治没後80年に当たることしは、賢治への深い思いを持つ冨田勲氏が作曲した「イーハトーヴ交響曲」の演奏会を行いました。昨年東京で行われた世界初演に続く公演ということで注目を集めました。また、「藤城清治 光のファンタジー」展や、「NHKのど自慢」、「世界における宮沢賢治」シンポジウムなどの記念イベントを開催。本市を訪れた多くの人に楽しんでもらい、賢治のまち「はなまき」を発信しました。
平成28年の賢治生誕120年に向けて、賢治関連施設のある「賢治胡四王の森」の一体的な整備に取り掛かり、宮沢賢治記念館の展示リニューアルの設計にも着手。ハード面の充実も図っていきます。

写真1
市民の皆さんがコーラスで参加した「イーハトーヴ交響曲」演奏会(8月29日)
写真2
桜台小学校で行った賢治の世界セミナー「ひとり芝居ノッポさんの宮沢賢治」(6月3日)
写真3
「藤城清治 光のファンタジー」展(9月7日~11月17日)
写真4
「世界における宮沢賢治」シンポジウムで講演するロジャー・パルバースさん(12月1日)
写真5
リニューアルする宮沢賢治記念館の展示室

スポーツでまちに活気を

スポーツでまちづくりを進める本市。ことしは、花巻球場と石鳥谷ふれあい運動公園の改修や、大迫体育館クライミング場と日居城野運動公園スケートボード場が完成し、施設の整備がますます進みました。
花巻球場リニューアルオープンを記念して、富士大学と法政大学の野球親善試合や、プロ野球イースタンリーグ公式戦を開催。また、ハンドボールやバドミントンの日本リーグ、bjリーグプロバスケットボールなどの試合を行いました。さらには、イーハトーブ花巻ハーフマラソン大会を初めて開催するなど、スポーツイベントが目白押しとなったこの1年。スポーツによって本市を訪れる人口が増加し、地域の活性化が図られました。
スポーツ施設の整備は、平成28年の「希望郷いわて国体・希望郷いわて大会」開催を見据えたものでもあります。本市も国体実行委員会を設立し準備を始めるなど、国体開催に向けて本格的に始動しました。

写真6
日居城野運動公園内に完成したスケートボード場
写真7
「希望郷いわて国体・希望郷いわて大会」花巻市実行委員会設立総会(8月7日)
写真8
県内外から1,053人がエントリーした第1回イーハトーブ花巻ハーフマラソン大会(9月8日)
写真9
スコアボード改修やスピードガン設置、芝張り替えなどが行われ、リニューアルした花巻球場
写真10
大迫体育館内に完成したクライミング場

企業立地で地域を元気に

ことしは、企業の物流・製造拠点の新規立地が続き、6社と企業立地協定の調印を行いました。立地企業は、プレス金型設計製作、家庭用水素水供給装置製造、牛飼育業・食肉販売業、貨物運送業、バーク堆肥製造・販売、野菜の生産流通と分野はさまざま。これまでの地道な企業訪問や誘致活動が実を結んだものです。これらの企業の立地により、地域経済の活性化や雇用の拡大が期待されます。
地域を元気にするため、高速交通の要衝であるという本市の強みを生かして、今後も企業立地を進めていきます。

写真11

2月から二枚橋地内で操業を開始した株式会社サンライズ・エンジニアリング
写真12
来年4月からイオンアグリ創造株式会社が野菜を栽培する予定地(横志田地内)

新しいまちづくりの指針

平成26年度から新たに始まる「花巻市まちづくり総合計画長期ビジョン」を策定しました。まちづくりの指針となるこの計画は、市民会議やパブリックコメント、市民アンケートなど多くの市民の皆さんの参画により出来上がったものです。将来都市像「市民パワーをひとつに歴史と文化で拓(ひら)く 笑顔の花咲く温(あった)か都市(まち) イーハトーブはなまき」に向かって、まちづくり分野ごと、さらにその政策・施策ごとに目指す姿を定めています。その姿に向かって、事業を展開していきます。

写真13
総合計画市民会議委員の皆さんが提言書を市長へ提出(2月7日)

コミュニティによる地域づくり

市内27のコミュニティ会議は、自立した住みよい地域社会の実現に向かって、参画と協働によるまちづくりを進めています。4月には、花北振興センターが落成するなど、地域づくりの拠点となる施設の整備が進んでいます。また、10月には、コミュニティ会議相互の交流を促進するとともに、地域住民の連帯感やまちづくりへの参加意識を高めようと「地域元気フェスティバル2013スポーツ交流大会」を開催。新設された応援賞を目指し競技だけでなく応援も競い合い、大いに盛り上がりました。

写真14
地域元気フェスティバル2013スポーツ交流大会の様子(10月14日)

しごと

ブランド牛をPR

本市の新たなブランド牛をPRする「花巻黒ぶだう牛フェア」を開催しました。

写真15
賢治のぐう話「黒ぶだう」から名付けた「花巻黒ぶだう牛」のステーキ

雑穀の普及を図る

本市は雑穀の「ひえ」の生産量が日本一。「ひえカレールー」を用いた「ひえカレーアイディアメニューコンテスト」などを行いました。

写真16
ひえカレーアイディアメニューコンテスト表彰式(11月30日)

「銀河鉄道の夜」を観光に生かす

賢治の「銀河鉄道の夜」を体験する「銀河鉄道の夜を巡るツアー」を4月から9月まで実施。なはんプラザの壁画に映写する「ファンタジックナイト銀河鉄道の夜」を開催中です。

暮らし

高齢者の見守り支援

民間事業者と連携し、高齢者の見守り活動を行う「花巻市高齢者見守り支援ネットワーク事業」を開始しました。

写真17
高齢者見守り支援ネットワーク事業協定締結式(9月18日)

市営住宅の整備

市営本館住宅E棟(12戸、2LDK)が完成しました。

水道事業の広域統合

平成26年4月から本市、北上市、紫波町の各水道事業所と、これらの市町に水道用水を供給する岩手中部広域水道企業団が事業統合します。岩手中部地域水道事業の統合に関する協定書調印式が行われました。

写真18
岩手中部地域水道事業の統合に関する協定書調印式(10月10日)

人づくり

高村光太郎記念館を整備

高村光太郎の生誕130年を記念して、高村山荘に隣接する花巻歴史民俗資料館を「高村光太郎記念館」として整備しました。

写真19
高村光太郎ゆかりの品約150点が展示されている高村光太郎記念館

国際交流の充実

ホットスプリングス市との姉妹都市提携20周年を記念して公式訪問団と市民ツアーのメンバーが同市を訪問し、交流を深めました。今後もさまざまな分野において、さらなる交流と友好の広がりが期待されます。

学童クラブの開所

八重畑学童クラブが八重畑振興センター内に開所しました。

写真20
地元の強い要望で設置された八重畑学童クラブの開所式(3月31日)

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

秘書政策課
〒025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号
秘書係 電話:0198-41-3502 ファクス:0198-24-4034
企画調整係 電話:0198-41-3503 ファクス:0198-24-4034
広報係 電話:0198-41-3504 ファクス:0198-24-4034
秘書政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。