寄附金の使い道

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1002408  更新日 令和1年10月11日

宮沢賢治が思い描いた理想郷「イーハトーブ」の実現に向け、花巻市は次のようなまちづくり施策に寄付金を活用させていただきます

中心市街地の活性化のために活用します。

まちなかに賑わいを取り戻したい。
【目標額 3,770万円】


花巻市では、空洞化が見え始めた中心市街地の活性化を図るため、リノベーションの手法を積極的に導入し、マルカンビル大食堂を復活させた花巻家守舎などと連携の上、遊休不動産や公共施設、公園などの一体的な再生を官民一体で進めてきました。
この取り組みを一層加速させるために、全国の寄付者の皆様から頂く寄付金は、リノベーションを学ぶ場の提供と、学んだ手法を活用して中心市街地に起業する方などの支援に活用します。

交流人口の拡大のために活用します。

訪れたくなる街を目指して
【目標額 164,900万円】


花巻へお越しいただく交流人口を増やすために、全国の皆様から頂く寄付金は、花巻で開催される「宮沢賢治童話村の森ライトアップ」や花巻で生産されたワインを活用した「ワインツーリズムいわて」など街に賑わいを呼ぶイベントの開催に活用させていただくほか、実際に花巻を訪れた方をおもてなすために、観光ルートの整備、温泉郷までのバス運行の確保や案内ガイド等の整備に活用し充実させます。
また、学生のインターンシップなどの長期間滞在や実際に移住を考えている方の就業支援や住宅支援などの支援策を充実させます。

子育て環境の整備に活用します。

安心して子育てができ、子どもたちが笑顔でたくましく育つ街を目指して
【目標額 7,700万円】


花巻市は子育て支援策を充実させ、子育てしやすい環境し、子どもたちが笑顔でたくましく育つ街を目指し、公立の小規模保育園の整備や病気が治りかけているものの、家庭では保育ができない子供たちを預かる病後児保育室などの整備、小学生の学童保育環境の整備などを行っています。
全国の寄付者の皆様から頂く寄付金は、これらの支援策をさらに充実させる経費と保育士確保のための支援策に活用します。また今年度は新たに乳幼児の発達の遅れを支援する発達相談センターにエアコンを設置いたします。

農業のICT化、担い手の育成に活用します。

花巻の農業と食を守るために
【目標額 1,800万円】


農業者の高齢化、担い手不足は全国的な問題となっていますが、花巻市では担い手となる新規就農者に対して、初期投資の支援や農地を借りるための経費補助を行い、担い手の育成を行っているほか、農業のICT化を進め、作業の効率化に向け、GPS基地局の整備や無人トラクターの導入支援などを行ってきました。
全国の寄付者の皆様から頂く寄付金は、これらの支援のほか、女性目線から見た農業の推進やドローンを使った農薬散布にむけた資格取得支援、担い手のいなくなったブドウ園地の管理経費などに活用させていただきます。

生涯学習を推進します。

学びの場をつくるために
【目標額 5,240万円】


花巻市では、子どもから大人まで、いつでも学べる機会を提供し、「人づくり」・「まちづくり」を推進するために、生涯学習を推進してきたほか、地域スポーツや競技スポーツの推進、支援を行ってきました。
本年度につきましては、生涯学習講座の開催や、高村光太郎記念館での企画展示を予定しているほか、各地域における生涯スポーツの推進、全国等のスポーツ大会に出場するチーム・選手等に対しての支援に寄附金を活用させていただきます。

関連リンク

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

定住推進課
〒025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号
電話:0198-24-2111(代表) ファクス:0198-24-0259(代表)
定住推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。