まちの話題 平成28年9月15日号

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1002520  更新日 平成28年9月15日

広報はなまき 平成28年9月15日号掲載分

賢治の生誕を盛大に祝う

宮沢賢治生誕120年記念事業の目玉の一つ「イーハトーブフェスティバル」が8月26日から28日までの3日間、宮沢賢治童話村野外ステージで開催されました。
初日の26日はあいにくの雨模様となったものの、同催しを楽しみにしていた多くの観客が来場。宮沢賢治作品に思い入れのあるゲストによるライブやスペシャルトークのほか、映像上映が行われました。
期間中、会場は大いににぎわい、来場者は賢治の作品世界に触れながら生誕120年を祝いました。

写真:田嶋さんの演奏
田島貴男さんの熱い演奏で盛り上がる会場(27日)

全国各地の神楽を堪能

9月3日・4日の2日間、大迫町の愛宕山公園特設会場で「全国神楽大会ハヤチネ2016」が行われ、約3300人が来場しました。
早池峰神楽の国重要無形民俗文化財指定40周年を記念し開催された同大会。県内外の神楽衆17団体が出演したほか、大償神楽保存会から神楽の指導を受けた大迫高校生有志や、インドネシア・バリ島のバリワリも出演し、舞を披露しました。
会場を訪れた神楽ファンは、普段見ることのできない多彩な演目に、盛んに拍手を送っていました。

写真:大迫高生徒の舞
若々しい舞を披露した大迫高校生

40年先の花巻をどうする?

市は「花巻市公共施設等総合管理計画」に市民の意見を反映させるため、市民ワークショップを8月25日、なはんプラザで開催しました。
全3回の開催予定のうち、初回は「40年先へ、大事にしたいこと」がテーマ。学生や会社員など40人が8グループに分かれ、「文化」や「自然」など40年後の花巻に残したい財産を書き出しました。
八重樫正人さん(32歳・笹間)は「みんなの思いと自分の思いが一緒だった。協力してまちづくりをしたい」と話していました。

写真:ワークショップの参加者
思い思いに市の未来について意見を出し合う参加者たち

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

秘書政策課
〒025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号
電話:0198-24-2111(代表) ファクス:0198-24-0259(代表)
秘書政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。