まちの話題 平成28年7月15日号

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1002523  更新日 平成28年7月15日

広報はなまき 平成28年7月15日号掲載分

笑顔広がる国際交流

国際姉妹都市、米国ラットランド市の中学生など8人が6月20日から26日までの7日間、本市を訪れ、日本文化に理解を深めました。
22日に訪問した石鳥谷中学校では、歓迎セレモニーに出席したほか、茶道や給食などを体験。メガン・エリザベス・オカナーさん(14歳)は「おもてなしなどを通して、生徒や市民の優しさを感じた。素晴らしい経験になった」と笑顔を見せました。
ことしはラットランド市と旧石鳥谷町が国際姉妹都市提携を結んでから30年の節目を迎えます。

写真:交流する生徒
ドッジボールなどのレクリエーションを楽しむ生徒たち

夏の夜を彩る宵宮が開幕

花巻の夏の風物詩、はなまき宵宮が、7月1日の藤木大明神宵宮祭「銀河の星まつり」を皮切りにスタートしました。
天候に恵まれたことし、花巻駅前の多目的広場には開始直後から多くの家族連れや学生、会社員などが来場。金魚すくいや露店での買い物など、思い思いに祭りを楽しんでいました。
花巻駅前振興会の千葉龍喜会長は「人が集うことでにぎわいが生まれ、地域の活性化につながる。この宵宮が、夏の楽しい思い出になってくれれば」と話していました。

写真:金魚すくい
金魚すくいを楽しむ子どもたち

花巻地方の神楽衆が競演

「第35回みちのく神楽大会」が6月26日、大迫交流活性化センターで開かれました。
市教育委員会と花巻地方神楽協会が、古里の魅力発信と郷土芸能の伝承を目的に毎年開催。ことしは花巻・北上両市の神楽衆13団体が出演し、地域で受け継がれてきた伝統の舞を披露しました。
迫力ある舞や繊細な舞など、神楽衆それぞれに個性があり、中には舞い手が客席を動き回り子どもたちを驚かす場面も。全14演目が上演され、会場は大きな拍手に包まれていました。

写真:神楽衆
「三韓の舞」を披露する上根子神楽の皆さん

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

秘書政策課
〒025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号
電話:0198-24-2111(代表) ファクス:0198-24-0259(代表)
秘書政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。