まちの話題 平成28年3月15日号

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1002529  更新日 平成28年3月15日

広報はなまき 平成28年3月15日号掲載分

雛巡り、着物姿で華やかに

家々で受け継がれてきた雛人形を一斉に展示する「宿場の雛まつり」が2月19日から3月3日にかけて、大迫町内で開催されました。
大迫交流活性化センターをメーン会場に商店や住宅など計25カ所で展示。江戸時代の享保雛や古今雛など、合わせて2千体以上の雛人形が並び、来場した多くの市民や観光客を魅了しました。
開催期間中の21日には、着物で雛巡りを楽しんでもらおうと着付けサービスが行われ、着物で着飾った皆さんが、会場を一層華やかに彩っていました。

写真:着物姿のみなさん
着物姿で思い思いに雛巡りを楽しむ来場者の皆さん

ふるさと回帰の思いを込めて

2月28日、北笹間地内を流れる宇南川で、笹間地区コミュニティ会議と笹間地区環境を守る会の共催によるサケの稚魚放流会が行われました。
これは、地区内の環境保全や宇南川の清流化を目指して行われているもので、3回目となることしは地区民約70人が参加。花北鮭鱒増殖組合の協力により、2万5千匹のサケの稚魚を放流しました。
参加者は「元気に育ってね」「ちゃんと戻っておいでよ」などと声を掛けながら、泳ぎ出した稚魚に手を振っていました。

写真:稚魚を放流する皆さん
サケの稚魚をバケツから川に放す参加者

多彩な鍋、食べ比べ

酒蔵まつり冬の陣「鍋まつりN‐1グランプリ」が2月28日、ビバハウスいしどりやで開かれました。
7回目の開催となった同イベントには、市内外の飲食店など17団体が参加。ホルモン鍋、かき鍋、まぐろ鍋、スイーツ鍋など、趣向を凝らした鍋料理を1杯100円~400円で提供し、自慢の味を競いました。
来場者は、多彩な鍋の食べ比べを楽しんだ後、お気に入りの鍋に一票を投票。その結果、グランプリには、夢屋(高木)の牛スジ鍋が輝きました。

写真:食べ比べを楽しむ皆さん
N-1グランプリで、目当ての鍋料理を買い求める来場者

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

秘書政策課
〒025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号
電話:0198-24-2111(代表) ファクス:0198-24-0259(代表)
秘書政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。