まちの話題 平成27年10月15日号

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1002536  更新日 平成27年10月15日

広報はなまき 平成27年10月15日号掲載分

防災への備え 日頃から

10月4日、藤沢町自主防災会による防災大運動会が、石神町公園で開かれました。
震災以降、防災力の向上と、住民同士の関わりを深めることを目的に始められ、ことしで4回目となる同運動会。防災障害物リレーや全員参加の防災マルバツクイズなどの競技のほか、終了後には炊き出し試食会も行われました。
参加者は、災害時を想定した土のう・簡易担架作りなどの体験を通じて防災への心構えを新たにするとともに、爽やかな秋空の下で交流と競技を楽しみました。

写真:土のうを運ぶ参加者
ヘルメットをバトンに、作った土のうを一輪車で運ぶ参加者

趣ある古民家で神楽を堪能

古民家で味わう神楽鑑賞会が9月23日、矢沢の市指定有形文化財「熊谷家」で開かれ、神楽ファン約50人が郷土の魅力に触れました。
胡四王神楽と幸田神楽の2団体が、風情ある古民家で「竜宮渡り」や「四人八幡舞」など7演目を披露。迫力ある太鼓や、にぎやかなかねの音に合わせた勇ましい演舞で観客を魅了しました。
毎年この催しを楽しみにしているという佐藤重伸さん(高木)は「熊谷家で見る神楽は、雰囲気や音の響きが特に素晴らしい」と満足げに話していました。

写真:力強く舞う胡四王神楽
力強い演舞に、来場者は見入っていました

実りの秋にほくほく

花巻市シニア大学の農場納めが9月29日、豊沢川河川敷の「ふれあい農場」で開かれ、受講生が園児と一緒にサツマイモを収穫し、実りの秋を喜びました。
60~80代の受講生約250人と花巻幼稚園の年長児約50人が参加し、5月に植えたベニアズマを収穫。伸びたつるを頼りに土をかきわけ、大物が掘り起こされると、園児の歓声とともに笑顔の輪が広がりました。
同園の照井日那ちゃんは「おいしそうなおイモがとれて楽しかった」と喜んでいました。

写真:芋掘りをする園児たち
シニア大学受講生に教わりながらサツマイモを収穫する園児たち

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

秘書政策課
〒025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号
秘書係 電話:0198-41-3502 ファクス:0198-24-4034
企画調整係 電話:0198-41-3503 ファクス:0198-24-4034
広報係 電話:0198-41-3504 ファクス:0198-24-4034
秘書政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。