献血(全地域)

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1001812  更新日 令和3年7月8日

イラスト:献血の様子

400ミリリットル全血献血にご協力ください。

コロナウィルス感染症感染拡大の影響があり、献血協力事業所の辞退等により、輸血用血液が不足してきています。

献血は不要不急に該当しません。

献血は身近にあるボランティアです。輸血を必要としている人のために献血にご協力ください。

献血とは?

病気やけがなどで輸血を必要としている患者のために健康な人が血液を提供することです。市内で実施する献血は400ミリリットル全血献血をお願いしています。

なぜ献血が必要なのか?

血液は長期保存をすることができず、また人工的に造ることもできません。
血液は必要な治療に応じて血液製剤に加工されます。その有効期間は、赤血球・全血製剤で21日間、血小板製剤では4日間しかありません。そのため、全国各地でほぼ毎日献血が行われています。

どれくらいの献血が必要なの?

国内では、毎日3,000人の患者が血液を必要としているといわれています。その中には大量の輸血が必要な場合もあり、全ての患者に血液を届けるためには、1日約13,000人分の献血が必要となります。
このため、新型コロナウイルス感染症予防の対策下においても献血数を時期の隔たりなく、一定に確保することが重要なのです。

どこで献血できるの?

平日は主に事業所に、休日はショッピングモールなどに献血バスを運行しています。もりおか献血ルームメルシーでは12月31日と1月1日以外の毎日献血を受け付けています。献血ルームでは全血献血のほか成分献血も受け付けています。

今月も多くの皆さんのご協力をお待ちしております。献血の日程は次の通りです。

令和3年度「愛の血液助け合い運動」実施中

期間 令和3年7月1日から7月31日まで

すべての血液製剤を国民の献血によって安定的に確保する体制を早期に確立できるよう、

献血運動の推進にご理解とご協力をお願いします。

 

夏の時期は、長期休暇などにより学校や企業、団体などからの献血への協力が少なくなり
献血による血液製剤に不足が生じることがあります。
献血は身近にあるボランティアです。
血液を必要としている人のために、献血をお願いします。

 

7月4日(日曜)

時間:午前10時から正午まで と 午後1時30分から4時30分まで
場所:ビフレ花巻店

 

7月8日(木曜)

時間:午前9時から11時まで
場所:小田島商事株式会社

時間:正午から午後1時まで
場所:株式会社ツガワ花巻工場

7月14日(水曜)

時間:午後1時30分から4時30分まで
場所:花巻警察署

7月18日(日曜)

時間:午前10時から正午まで と 午後1時30分から4時30分まで
場所:アルテマルカン桜台店

 

7月27日(火曜)

時間:午前9時30分から午後0時30分まで
場所:花巻地区合同庁舎

時間:午後2時30分から4時30分まで
場所:特別養護老人ホームアイリス花巻

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康づくり課
〒025-0055 岩手県花巻市南万丁目970番地5
電話:0198-23-3121 ファクス:0198-23-3122
健康づくり課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。