イーハトーブフェスティバル2019出演者、上映作品が決定しました!

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1004849  更新日 令和1年8月21日

イベントカテゴリ: まつり・催し 宮沢賢治

開催エリア:花巻地域

イーハトーブフェスティバル2019チラシ(表)

イーハトーブフェスティバル2019チラシ(裏)

第一線で活躍するクリエイターやアーティストによる講演、ライブ、朗読、映像上映等により、賢治のもつ多面的な魅力を紹介します(ステージイベント)。

開催期間

令和1年8月31日(土曜)から令和1年9月1日(日曜)まで

開催時間

午後4時 から 午後9時 まで

注)雨天決行・荒天中止

中止の場合は、「ホームページ」や「賢治フェスティバル実行委員会フェイスブック」でお知らせいたします。

会場

宮沢賢治童話村特設ステージ(観客席には大型テント設置)

入場料

無料

注) 童話村内の「賢治の学校」に入館される場合には、入館料が必要となります 。

内容

8月31日(土曜)

午後4時から 朗読と音楽【出演】後藤正文(ASIAN KUNG‐FU GENERATION)・古川日出男(小説家)・サポートギター:井上陽介(Turntable Films)

後藤正文(ASIAN KUNG‐FU GENERATION)

後藤正文

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターであり、ほとんどの楽曲の作詞・作曲を手がける。2010年にはレーベル「only in dreams」を発足させ、webサイトも同時に開設。また、新しい時代やこれからの社会など私たちの未来を考える新聞『THE FUTURE TIMES』を編集長として発行するなど、 音楽はもちろんブログやTwitterでの社会とコミットした言動でも注目されている。
著書に『何度でもオールライトと歌え』(ミシマ社)、『YOROZU~妄想の民俗史~』(ロッキング・オン)、『銀河鉄道の星』(原作:宮沢賢治, 編:後藤正文, 絵:牡丹靖佳, ミシマ社刊)、他。

古川日出男(小説家)

古川日出男
「撮影:朝岡英輔」

1998年、長篇小説『13』でデビュー。『アラビアの夜の種族』『LOVE』『女たち三百人の裏切りの書』といった文学賞受賞作のほか『ベルカ、吠えないのか?』『聖家族』『馬たちよ、それでも光は無垢で』『南無ロックンロール二十一部経』など著作多数。最新長篇『グスコーブドリの太陽系』は宮沢賢治の諸作品を新たな視点からリミックスするという斬新な試みの1冊。朗読その他の表現活動でも知られ、これまでに音楽家、美術家、漫画家、舞踊家等との共演・共作を数多く行なっているほか、2011年の東日本大震災後には自ら脚本・演出を手がける朗読劇「銀河鉄道の夜」の上演や、言葉と表現をテーマにワークショップなどを行なう「ただようまなびや 文学の学校」の主宰などをとおしてより広い意味での文学の表現にも取り組む。ここ数年にわたって対談やセッションを重ねてきた後藤正文さんとのスペシャルユニット。

午後5時から スペシャルトーク【出演】養老孟司(解剖学者)

養老孟司

1962年東京大学医学部卒業。1年のインターンを経て、解剖学教室に入る。以後解剖学を専攻。1967年、医学博士号取得。1981年、東京大学医学部教授に就任。東京大学総合資料館長、東京大学出版会理事長を兼任。1995年、東京大学を退官。1996年、北里大学教授に就任(大学院医療人間科学)。1998年、東京大学名誉教授に就任。2003年、北里大学を退職。1989年、『からだの見方』(筑摩書房)でサントリー学芸賞を受賞。2003年、『バカの壁』(新潮社)で毎日出版文化賞を受賞。2006年、京都国際マンガミュージアム館長就任。2015年、神奈川文化賞を受賞。
【主な著書】『身体の文学史』、『バカの壁』(新潮社)、『ヒトの見方』(筑摩書房)ほか。

午後6時30分から 映画上映「もののけ姫」(監督:宮崎駿)

〈解説〉
日本の中世を舞台とした、宮崎駿監督のファンタジー超大作。1997年に公開され、大ヒットを記録した。

もののけ姫
(c) 1997 Studio Ghibli・ND

〈あらすじ〉
かつて この国で神獣シシ神の首をめぐる人間ともののけの戦いがあった。
惨劇の中で出会うアシタカと少女サン。
サンは人間の子でありながら深い森に棲む獣に育てられた「もののけ姫」だった。
生きろ。

9月1日(日曜)

午後4時から コンサート【出演】Salyu(歌手)・皆川真人(キーボード)、徳澤青弦(チェロ)

Salyu

2000年4月、Lily Chou-Chouとしてデビュー。Lily Chou-Chouが全編にフィーチャーされた岩井俊二監督作品、映画『リリイ・シュシュのすべて』が公開される。2004年、日本を代表する音楽プロデューサー小林武史プロデュースのもとSalyu としてデビュー。2006年にはBank Band with Salyuとして「to U」をリリース。Mr.Children桜井和寿とのデュエットで、圧倒的な声の存在感が注目を集める。2019年にデビュー15周年イヤーを迎え、フルオーケストラコンサートbillboard classicsシリーズへの参加や、アコースティック編成のライブツアーなど独特の声の響きを生かした世界観を広げ、精力的にライブ活動を展開中。
7月に岩手県釜石市での初演をむかえ、大盛況となった、宮沢賢治の諸作をベースに思想家・中沢新一が脚本、小林武史がオペラに仕上げた異色の舞台作品「四次元の賢治」に出演。9月22日、23日には宮城県塩釜公演が決定している。

午後5時から スペシャルトーク【出演】鈴木敏夫(株式会社スタジオジブリ代表取締役プロデューサー)

鈴木敏夫
「撮影:荒木経惟」

慶応義塾大学文学部卒業後、徳間書店入社。『週刊アサヒ芸能』を経て、『アニメージュ』の創刊に参加。副編集長、編集長を務めるかたわら、「風の谷のナウシカ」「火垂るの墓」「となりのトトロ」などの高畑勲・宮崎駿作品の製作に関わる。1985年にスタジオジブリの設立に参加、1989年からスタジオジブリ専従。以後ほぼすべての劇場作品のプロデュース。現在、株式会社スタジオジブリ代表取締役プロデューサー。
著書に『仕事道楽 新版 スタジオジブリの現場』(岩波新書)『ジブリの哲学―変わるものと変わらないもの―』(岩波書店)『ジブリの仲間たち』(新潮新書)『ジブリの文学』(岩波書店)『人生は単なる空騒ぎー言葉の魔法―』(KADOKAWA)「禅とジブリ」(淡交社)「南の国のカンヤダ」(小学館)などがある。

午後6時30分から 映画上映「大人の見る繪本 生れてはみたけれど」

「生れてはみたけれど」
©1932 松竹株式会社

子供たちの目を通して描かれる、大人の世界。サイレント映画の頂点とも言われる、小津安二郎監督の不朽の名作。
東京郊外の新興住宅地にサラリーマンの吉井一家が引っ越してきた。小学生の良一、啓二の兄弟は、近所の子供たちと喧嘩を繰り返している。ある日、専務の岩崎家での16ミリ上映会で、卑屈な父親の姿を見た良一は、父親を弱虫だと責める。
子供たちが互いに威張りあう前半のユーモラスな描写から、父親をなじり大人の世界を皮肉をこめて告発する子供のシリアスなタッチへと変わっていく、笑いと風刺の父子ドラマ。キネマ旬報第1位。

【『広報はなまき』8月1日号(6ページ)記載の訂正について】
「イーハトーブフェスティバル2019」の9月1日(日曜)の映画上映が『マリアンの友だち』と記載されておりましたが、『大人の見る繪本 生れてはみたけれど』に変更となりました。

その他

花巻駅、新花巻駅、臨時駐車場と会場を連絡する無料シャトルバスを運行します。
なお、宮沢賢治童話村駐車場が満車の場合、臨時駐車場にご案内することがあるため、時間に余裕をもってお越しください。

当日は花巻駅、新花巻駅、臨時駐車場(花巻新渡戸記念館、矢沢野球場)から会場までのシャトルバスを運行します。
バスは3系統で運行します。

【花巻駅⇔会場】
花巻駅⇔会場
行き 帰り
花巻駅発 会場着 会場発 花巻駅着
午後1時45分 午後2時 午後6時 午後6時15分
午後2時30分 午後2時45分 午後6時45分 午後7時
午後3時15分 午後3時30分 午後7時30分 午後7時45分
午後4時 午後4時15分 午後8時15分 午後8時30分
午後4時45分 午後5時 午後9時 午後9時15分

 

【新花巻駅⇔会場】
新花巻駅⇔会場(約10分で到着)
午後1時40分 新花巻駅発 約20分間隔で運行
午後9時10分 会場発(最終便)

 

【臨時駐車場(花巻新渡戸記念館・矢沢野球場)⇔会場】

臨時駐車場(花巻新渡戸記念館・矢沢野球場)⇔会場(約10で到着)

午後1時40分 臨時駐車場発 約20分間隔で運行
午後9時10分 会場発(最終便)

 

写真:イーハトーブフェスティバル、ステージの様子
(写真は昨年度のものです)

写真:イーハトーブフェスティバル会場の様子

周辺地図

ロゴマーク 平成31年度 文化庁

イベント情報をGoogleカレンダーまたはiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

賢治まちづくり課
〒025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号
電話:0198-24-2111(代表) ファクス:0198-24-0259(代表)
賢治まちづくり課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。