振動の例や規制法等について

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1001042  更新日 平成31年1月18日

振動の例や規制法等について

私達は、普段の生活の中で常に振動を体に受けていますが、微少なために感覚として感じることはあまりありません。
振動が問題となるのは、家屋の倒壊、損壊、睡眠妨害、生活不安(頭痛、耳嶋り)などで、その発生源としては、交通機関(自動車、鉄道、航空機)、工場、建設作業がありますが、防振装置や低振動工法等の普及により市への苦情はほとんど寄せられていません。
なお、工場振動や建設作業振動については、都市計画法で定める用途地域の区分により規制地域を指定しており、振動特定施設を設置する場合や特定建設作業を行う場合は届出が必要です。指定の確認は、担当課までお問い合わせください。

区域の区分

  • 第1種区域:第1種・第2種低層住居専用地域
  • 第2種区域:第1種・第2種中高層住居専用地域、第1種・第2種住居地域、準住居地域
  • 第3種区域:近隣商業地域、商業地域、準工業地域
  • 第4種区域:工業地域

(用途地域が指定されていない地域及び工業専用地域は、振動規制地域ではありません)
「特定施設及び特定建設作業」「振動施設及び特定建設作業規制基準」については下記リンク先でご確認ください。

私たちの周りの振動の大きさ
振動の大きさ 事例

90デシベル

  • つり下げ物は大きく揺れ、棚にある食器類は音をたてる。
  • 眠っている人のほとんどが目を覚まし、歩いている人も揺れを感じる。

80デシベル

  • 室内にいる人のほとんどが揺れを感じる。
  • 棚にある食器類が音をたてることがある。

70デシベル

  • 室内にいる人の多くが揺れを感じる。
  • 眠っている人の一部が目を覚ます。

60デシベル

室内にいる人の一部が、わずかな揺れを感じる。

50デシベル

人は揺れを感じないが、地震計には記録される。

様式

振動規制法

お問い合わせ先

花巻市役所市民生活部生活環境課
電話番号:0198-24-2111(内線256,257)
ファクス:0198-21-1152
電子メール:kankyou@city.hanamaki.iwate.jp

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

生活環境課
〒025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号
電話:0198-24-2111(代表) ファクス:0198-21-1152
生活環境課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。