農地の転用について

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1002389  更新日 平成31年1月18日

農地を農地以外のものにする場合(農地転用)には、岩手県知事または農業委員会会長の許可が必要となります。
農地転用の申請をする際、農地が農業振興地域内の農用地区域に指定されている場合は、原則として農地転用ができません。
この区域内の農地を転用する場合には、この農用地区域から除外したうえで転用の許可申請をする必要があります。この区域の詳細については、花巻市役所農林水産部農政課でご確認ください。
また、転用の際には、他の法令に基づく規制(都市計画法の開発許可等)についても十分確認する必要があります。
農地転用の許可申請にあたっては、許可後すぐに転用事業を実施すると認められないもの、または、その時点で具体的な事業計画のないものについては許可されませんのでご注意ください。
農地転用許可申請の予定がある場合は、事前に農業委員会事務局でご相談ください。

農地転用の許可権者

農地の転用面積

許可権者

同一の事業計画全体で4ヘクタール以下の場合

農業委員会会長

同一の事業計画全体で4ヘクタールを超える場合

岩手県知事

農地法第4条許可

自分で所有する農地を転用する場合は、農地法第4条の許可を受ける必要があります。

農地法第5条許可

農地を農地以外のものにするため、または採草放牧地を採草放牧地以外のものにするために、農地等の所有権を移転、または賃借するなどする場合は、農地法第5条の許可を受ける必要があります。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

農業委員会事務局
〒025-0052 岩手県花巻市野田307番地2
電話:0198-24-2111(代表) ファクス:0198-22-6972
農業委員会事務局へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。