イーハトーブ地域おこしプロジェクトチーム(地域おこし協力隊)を紹介します

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1003529  更新日 令和1年11月22日

イーハトーブ地域おこしプロジェクトチーム

花巻市では、平成27年度より総務省の「地域おこし協力隊」事業を活用し「イーハトーブ地域おこしプロジェクトチーム」を結成。現在、総勢7名の隊員が活動しています。

隊員は、それぞれの担当地域に居住し、任期は最長3年。
各地域の課題解決をテーマに、時にはチームで連携しながら活動を行っています。
市内を飛び回って日々奮闘しておりますので、ぜひお声がけをお願いします。

イラスト:全員集合

活動状況

最新の活動状況は、下記フェイスブックページをご覧ください。

隊員紹介

岡田芳美(おかだ よしみ)

写真:岡田芳美

担当:全域/情報発信
着任日:平成28年8月1日

飛世 かおり(とびせ かおり)

写真:飛世かおり

担当:全域/ワインのPR
着任日:平成30年8月1日

塩野 夕子(しおの ゆうこ)

写真:塩野夕子

担当:全域/シティプロモーション
着任日:平成30年10月1日

川口 摩弓(かわぐち まゆみ)

写真:川口摩弓

担当:東和/グリーンツーリズム
着任日:平成30年10月1日

佐藤 真衣子(さとうまいこ)

写真:佐藤真衣子

担当:大迫/ぶどう農家
着任日:平成30年12月1日

瀬川 達矢(せがわ たつや)

写真:瀬川 達矢

担当:大迫/ぶどう農家
着任日:平成31年2月1日

今野 陽介(こんの ようすけ)

写真:今野 陽介

担当:花巻/シティプロモーション
着任日:令和元年10月1日

花巻市と地域おこし協力隊

写真:PT説明文用

岩手県のほぼ中央に位置する花巻市。西に奥羽山脈、東に北上高地が連なり、その間には肥沃な北上盆地が広がる、豊かな自然に恵まれた市です。宮沢賢治(童話作家、詩人)や萬鉄五郎(芸術家)など、世界的に知られる先人を輩出し、歴史・文化的な魅力も豊かです。また、岩手県内唯一の「いわて花巻空港」があり、東北新幹線や東北自動車道などの高速交通も充実しています。

しかし、花巻市を構成する花巻(はなまき)、大迫(おおはさま)、石鳥谷(いしどりや)、東和(とうわ)の4地域それぞれに、中心市街地の空洞化、後継者不足による主要産業の縮小、少子高齢化や人口減少による地域の活力減退といった課題があります。

これらの課題解決に向けて、花巻市では平成27年度より総務省の「地域おこし協力隊」事業の活用を始めました。都市地域の意欲ある人材を積極的に受け入れ、現在9名の協力隊員が、新しい目線での取り組みを進めています。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

定住推進課
〒025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号
電話:0198-24-2111(代表) ファクス:0198-24-0259(代表)
定住推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。